壮士凌雲―高みを目指して―

ロードバイクに関する備忘録的な日誌

大川原高原2本

会社の人と大川原高原2本に行く予定でしたが用事ができたとのことで一人で行ってきました。

一人だとサボりそうだったけどなんとか2本こなせた。

チューブはやはり1本不良品が混ざっていて前輪をRairに交換した。

佐那河内まではノンビリペースで行って、いざ大川原アタック。今日はレースタイヤやしキシリウムやしカレラなのでベスト更新は絶対条件。これでベストが出ないとカレラを買った意味がない、というプレッシャーもありましたが無事にベストタイムを更新できました。

やはりフロントが52/36から50/34にローギア化しているのでギアを前より高めを維持するようにしないとダメでした。ギアを落とさずダンシングを混じえながら走ってみました。

ダンシングを入れて使う筋肉に変化をつけた方が自分は楽な気がします。

とれとれ市場跡でベストを少し上回っているのを確認。ネイチャーセンター前で微妙、頑張ればいける!っと思って踏ん張った。一軒茶屋下の最後の登りはギアを3段ぐらいアップして下ハンダンシング!しんどかったー。

42:35

f:id:Wisezero:20170820170428j:image

f:id:Wisezero:20170820170508j:image

下っているとトクジャージを着た速そうな人とすれ違ったけどTさんだったのかな?

2本目はやっぱりしんどい。けど登った。減量の為に。故障しそうな脚の痛みが出たら引き返そうと思っていたけど幸か不幸か、何事も無かった。ネイチャーセンターまで来たらもういいかな?っと、思ったけどここまで来たら2本登ったゾ、オラッ!って誰かに言いたかったので一軒茶屋まで行った。

48:05

f:id:Wisezero:20170820170523j:image

前は2本登ったらめちゃめちゃしんどくて脚にきてたのに今日はそこまで酷くなかった。ちょっとは鍛えられてきたんか?

帰りもユックリとクールダウンのつもりで走った。いつもはスプリント練習をしている近所もゆっくり。

その後、子供がスイミングの検定があるとかでふれあい健康館のプールへ。俺はトライアスロンみたいなんですけど…

けど、クロールしているのに気がついたら背泳ぎになっている、という長男の謎の泳ぎが見たくなったので行くことにした。

ホンマにクロールの途中で背泳ぎになっていたw我が子ながら笑えたw

私は水泳は教えれないので気がついたことを伝えて、後は上手に泳いでいる人を見てみろ、と言ったらなんとか形になって端まで泳げるようになった。適当な指導でも褒めてやらせたらなんとかなるもんやなw

タイヤ交換

キシリウムについているタイヤをレース用のコンチネンタルグランプリTTに交換した。

外してみて驚いたのだがマヴィックのチューブは普通のチューブだった。コンチネンタルのRace28みたいな感じ。全然しなやかさがなく、肉厚もありそう。これでは抵抗が大きそうやな。

タイヤ交換の効果も大きそうやけどチューブをラテックスに交換したので、期待できます。

ラテックスチューブは不良品のスローパンクするのがあったはず。棄てたはずやけど今回着けてしまったかも。まあ、今日の夕方になればわかるからいいか。

ピラミッドインターバル

今朝の朝練はピラミッドインターバル。

アップ10分の後にインターバル開始。

負荷マックスでやったので時速40キロで355w。前半はいけるけど後半の35sもがきからは294w.最後の方は232w。

f:id:Wisezero:20170818185451p:image

やっぱりキツいな。

ブログタイトル変更

備忘録でもなくなってきたのでタイトルを変更しました。

高みを目指しましょう、という四字熟語にしてみました。

これからもよろしくお願いします。

仮想石鎚山ヒルクライム

ジテツウの帰りにドシャ降りにあった。ゲリラ豪雨っていうやつなのか!

途中のローソンで雨宿り中。

あと5分したら石鎚山ヒルクライムはいつも雨なので雨の練習がてら帰るとするか。

それにしてもピンポイントでここだけ豪雨とは…

f:id:Wisezero:20170817184752p:image

石鎚山HC想定ローラー

今日は夏期休暇最終日なのでロング走か大川原高原へ行きたかった。しかし、ボスが仕事で子供たちは休み。大川原高原へ行くと2時間かかるし、2時間も家を空けるわけにはいかないのでローラーにした。

アルミ1号機はペダルとスピードケイデンスセンサーを外されているので固定ローラーは諦めて、Velenoで出来る3本ローラーにした。

メニューは石鎚山HCを想定し、

アップ 5分

1st 25分

レスト10分

2nd 25分

クールダウン

にした。これだと石鎚山HC50分想定となりますが、それは無理w

疲れるから少し短めにしましたw

f:id:Wisezero:20170815135208p:image

前半に比べて後半は速度も心拍も低くなりますね。この結果からだと途中の休憩は短かい方がいいんかな?。

今年は第1ステージと第2ステージの間の休憩は心拍が落ち着いたら再スタートすることにしようか。去年は制限時間いっぱい休憩したんやけど結局途中で脚が終わったしな。

夏期休暇最後なんでお昼ご飯はステーキでも食べてきな、っとボスに言って欲しかった。

いきなりステーキに行きたかったけど、そんなこと言ってくれる訳もないので作った。

f:id:Wisezero:20170815142753j:image

豚バラ肉と夏野菜の味噌炒め

長男は美味いと食べてくれた。次男は肉もナスも嫌いと言って一口も食べてくれなんだ。

機嫌が悪いと全てを否定するのは誰に似たんだろか?機嫌が良ければナスも肉も食べるのにな。

 

卯辰峠→星越峠

昨日、実家でBBQをして車を置いて帰ったので車を取りに行くがてら卯辰と星越に行った。

卯辰の登り口の道の駅で休憩したら道の駅が車中泊の車でいっぱいだった。オートキャンプ場みたい。

f:id:Wisezero:20170813173453j:image

さすがに車中泊の車は撮影できんかった。

ここでユニヴェールの方達に会ったので少しお話ししてお先に卯辰峠を登った。

昨日のイメージでトルクをかけて登ってみた。確かに気持ち良く進む。ここの峠は斜度の変化が少ない。ダンシングを少しだけして最後はもがいてゴール。

9:04

イマイチやけど心拍数も上がらなかったし仕方がない。また来よう。

次は星越峠。

ここは5分台を目指してみる。

スタート地点がよくわからないので信号からダッシュ。前半そこそこでいって、池を過ぎた平坦では32km/hぐらい。もう少し頑張っても良かったかな。後半の斜度のキツいところはダンシングでガシガシ踏んでゴール。

6:03

で5分台ならず。残念。後少しなので悔しい。

実家によってシートポストの余りを切った。6cmぐらい。重さにして30gぐらいかな?

家に帰ったら計ってみよ。

こんなんで早くなる訳ないけど、こんなんの積み重ねなんよな。これで10キロ登った時にタイヤ半分、ライバルをリードできると思い込むようにしときます。