壮士凌雲―高みを目指して―

ロードバイクに関する備忘録的な日誌

30sインターバル

日曜日の記録会に向けての最後のインターバル練。30sインターバル。

f:id:Wisezero:20181115123049p:image

10s毎に使う筋肉を変えて3段階で踏んだけどイマイチな結果だった。Amazonプライム・ビデオでは最後となるワンピース130話に集中し過ぎたか⁈

明日、明後日は軽めのメニューにして日曜日にベストパフォーマンスを発揮出来るようにしよう。

12日〜14日

12日(月)

前日にスローペースとはいえ160キロを走ったので早朝ローラーは回復走用の30+30。

回復走版は30+30を5セットだけ。ちょっとだけキツいけどすぐ終わって拍子抜けする。

 

13日(火)

早朝ローラーは週末のタイムトライアルに向けて1000mのインターバルにした。

ローラーで負荷がかかっているので1000mがキツいキツい(汗)

f:id:Wisezero:20181114122424p:image

①1:37.2

②1:37.5

③1:41.8

④1:46.2

⑤1:49.3

スゴいタレてる。ペース配分をしながら走ってみたけど1000mはキツいなあ。

 

14日(水)

ちょっと疲れていたので3本ローラーを適当に回す。そのうちケイデンスを100rpm以上に縛りを入れて、調子が良くなってきたので110rpmを目安に回した。

後半に前日同様に1000mをした。昨日は自動ラップを設定していたけど今回は手動でラップを押した。

f:id:Wisezero:20181114123001p:image

①1:01.9

②1:00.8

いずれも1060m走っているので自動ラップで全力ゴールなら1分切れていたはず。こんな日本記録ペースの練習をしても仕方がないので3本目は1:20を目安に走ってみた。

これはめちゃくちゃ長いな。ラスト200mでの頑張りとそれまでの800mをラストに頑張れるだけの体力を残しながらハイペースで走れるか。ペース配分が難しい。スタート直後に全力でスピードをのせて、そこからは維持していく感じなんかな。

日曜日の記録会が楽しみでたまらんなあ。

四国の右下ロードライド ガイドライダー

四国の右下のガイドライダーをさせていただきました。参加者の皆さんには不慣れなガイドライダーですみませんでした。

今回はガイドライダーということで普段はなかなか見ない、いろんな方の走りをじっくりと見ることが出来て大変勉強になりました。

中盤以降は参加者がバラけてガイドライダー同士の間隔を適度に保つことが難しかったです。ペースも同様でどれぐらいで走っていればいいのか、後ろに着くと皆さん頑張る傾向にあるので程よく離れるのが難しい。ということで後ろから適当なペースで追い抜きながら並走している方とかには注意をしつつ、皆さんが頑張り過ぎないように、楽しんでゴール出来るように心がけていました。

私はというと、いつもロングライドイベントに参加したときは全部の登りでアタックをかけるので後半はバテて涙目でゴールをすることが多いのですが、今回はペースを落として走ったことで160キロ走っても楽勝でした。残り40キロぐらいから、もう終わるのか、残念やなあ、と思いながら走っていたぐらいです。

エイドも充実していて景色も最高に素晴らしいイベントなので次回は参加者としてエントリーするか迷っています。

ゴール後の伊勢エビの味噌汁は美味いぞー

f:id:Wisezero:20181112124019j:image

https://www.relive.cc/view/1957932851

3本ローラー

明日が四国の右下ロードライドなので今日は軽めに3本ローラーで1h走。

f:id:Wisezero:20181110130343p:image

ケイデンス100以上ということしか縛りをせずに淡々と。途中で飽きてきて、5分毎にギアを上げていったらいい感じの負荷でビルドアップできて後半はしんどくなったw

クールダウン中に全力走をしたけど100km/hを越えれなかった。なんでだ?前半ならクリア出来たんかな?

明日はガイドライダーなので参加されている皆さんが楽しめるように頑張ってきます。

携帯ポンプも同僚から借りてきたのでパンクされた際はお手伝いしますよ。

大川原高原→府能

子供の参観日だったので仕事は休んだ。

参観授業が終わって講演はパス。まずは腹ごしらえ。前から行きたかった八万の月日亭に行った。

何を食べるか迷ったけどチキンカツ定食を注文した。で、出てきたのがコレ。

f:id:Wisezero:20181107181953j:image

いや、俺はチキンカツ定食を頼んだんですけど…っと思っていたら

f:id:Wisezero:20181107182033j:image

まさかのチキンカツ2枚!

これで¥700とは!値段もさておき、ここまで用意してくれるのにちょっと感動した。

味も美味しい。2枚のチキンカツに圧倒されたけど全然いけた。なんならご飯をおかわりしたかったぐらい。ご馳走さまでした。

お腹もいっぱいになったことやし、大川原高原へ向かった。

順調に進んでいってるつもりやけどやっぱり早くはない。体重が67kgもあるからなあ。5kgは増えているので。とれとれでは22分台。ここからは辛抱する区間

ネイチャーセンター前を35分台で通過。ここからは大体10分ぐらいかかるので45分前後か?

ようこそ看板を42分30前後で通過。これは45分を切れるな、っと思ってゴールしたら45分05。

ストラバは記録なかった。

f:id:Wisezero:20181107184831j:imagef:id:Wisezero:20181107184840j:image

けどようこそ看板から一軒茶屋まで2分22もかかっていた。最後まで気合を入れ続けていれば45分は余裕で切れたな。

けどこの時期、頑張る意味もそんなに無いし、まあいいや。

下ってから立見峠経由で帰宅することにした。新府能トンネルの手前を左折して府能峠東側2の区間を通ってみた。下ったことはあるけど登りは初めて。なんやこの斜度。15%ぐらいあるやんけ。こんなに辛いんか?っと思ったらアウターだったw途中、道を間違えたかと不安になりながらも無事にゴール。KOMはとれなかったけど12秒差の2位だった。次は狙ってみるか。

f:id:Wisezero:20181107184856j:image

ここから立見峠経由で帰宅。

家の手前の自販機でビールを買って、庭で飲んだ。ウマー。

しかし、コルサは250gもあるくせに登りもいけるな。不思議なタイヤじゃ。

 

インソール

11/6(火)

夜に次男が吐いたのでその後始末をしていたのでローラーする時間がほとんどなかったけど先日購入したインソールを試したかったので短時間ではあるけど回した。

まず、DMT R1のインソールを買ってきたザムストのインソールに交換して30sもがいた。普段より明らかに速度がでている。2回やって平均速度が47.6km/h、48.6km/h。

f:id:Wisezero:20181107093354p:image

ここでデフォルトのインソールに戻してみたところ50.2km/h。早くなったのはインソールではなく、シューズの効果だった。思いのほか、シューズの差はデカいな。

DMTのインソールはザムストに似ているような形状と硬さで良く出来ているっぽいのでジテツウと普段のローラーに使っているシマノのエントリーグレードのシューズにインソールを交換してみた。シマノのデフォはペラペラのインソールだった。

これは効果が大きい。全然違う。一部痛いところもあるがこれはシューズの形状に合わせてカットすればOK。エントリーモデルがDMT R1のような快適な履き心地になった。

仕事中は試しに会社の上履きに入れてみた。これが一番効果があり、いつもは少し膝が痛いときがあるのに全く痛くならなかった。インソールのホールドが心地よく凄い快適。履いている時間も長いので会社の上履きに入れることにした。

 

 

11/7(水)

今日も30sインターバル。

①42.1km/h

②45.6km/h

③45.3km/h

④45.2km/h

⑤44.2kmh

⑥45.0km/h

⑦42.1km/h

⑧43.3km/h

⑨44.5km/h

⑩42.6km/h

でやっぱりシューズの差はデカかった。

f:id:Wisezero:20181107093410p:image

 

 

 

 

周回練→CSサイクリングからのバンク練

今日は別チームに混ざってバンクを走ってきた。

まずは植物園に集合してまったりと周回練習。

その後、CSさんの中級サイクリングにお邪魔して中津の峰へヒルクライム

他の参加者の方とはペースが違うということで我々とCSスタッフのMくんは遅れてスタート。

Mくんの猛烈なペースに必死についていった。なんか脚が重い。10%ってこんなにキツかった?ダンシングを交えながら踏ん張り続けた。タイヤがコルサで重いせいなんか。中盤でようやくMくんを捉えれたけどLOOKのWさんはもう少し先。そんなに差はないけどジワジワと離れていく…

山門を過ぎて最後のカーブを曲がって、満を持してスパート。でも逃げられた。

17:01

これベストから6秒しか変わらん、好タイムでした。体重も車体も重いのに早かった。っということはWさんはめっちゃ速い。

ここから我々はCSさん御一行と別れて小松島競輪場へ向かった。途中離脱のSさんの帰宅時間が過ぎていたので別れるところまで牽いていった。Sさんなら私と別れてから単独で走ればまあ大丈夫でしょ。

Sさんと別れて小松島競輪場へ。初めて行く場所なので道が良く分からなかったけど適当に走っていったら着いた。

既にバンクではプロ選手が練習していた。めっちゃ速いなあ。凄い迫力。しばらく見学。

f:id:Wisezero:20181104175836j:image

初のバンク走行は路面が綺麗で走りやすい。けどバンクが怖い。物凄い角度やん。けど4,5周も走ったら慣れた。バンクのテッペンに登ってもみた。これも慣れやな。

適当に走って、スプリントしてみたら52km/hしか出なかった。

途中休憩を挟んで200mフライングタイムトライアルの練習。Uさんの後ろについて引っ張ってもらった。回数を重ねるにつれて最高速も54km/h、57km/hと上がっていって最初はUさんから千切れていたけどなんとかついていけるようになった。

トルクで踏み込むよりはケイデンスを上げて回転数でスピードを乗せる方が自分には合うみたい。パワーないので、やはりケイデンスでカバーやな。ストラバでの最高速は61.6km/hで目標の60km/hをクリア。けどこれは怪しい。ガーミンでは58.4km/hなのでこっちが正解なんだろな。

1000mの練習もしたかったな。自分でテーマを持って練習せんとあかんなあ。